【漫画日記】次期スポーツ漫画のエース「忘却バッテリー」

漫画にするスポーツって向き不向きがあるじゃないですか。 例えばジャンプでは卓球漫画は短命っていうジンクス的なものがあって、全然打ち破れない。自分が知らないだけなのかもしれないけど見事にない気がする。 その点野球漫画ってめっちゃ長続きするイメージというか実際そうで、例外はあるにしろ割と続くものが多い。 そんな野球漫画で今注目しているものがあって、 それが「忘却バッテリー」という漫画。 少年ジャンププラスで連載中でありまして、それが見事に面白い。 実際今野球漫画を連載するって結構難しいと思うんですよ。野球だけじゃなくスポーツ漫画全般に言えたことなんですけど、設定や展開がやり尽くされていてあまり新鮮味を感じないんですよね。 その中で出て来たのが「忘却バッテリー」 設定も野球漫画にしては新しい記憶喪失系の話で、 ”中学球界で名を馳せるも野球から遠ざかっていた天才たちが都立の野球無名高校で偶然集結。完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火。その相方、切れ者捕手の“智将”要圭(記憶喪失により現在、素人!)。そして、かつて2人に敗れ散った者たち…。巡り合い、再び動き出す彼らの高校野球ストーリーがいま始まる!!”(Amazonより) って感じの話で、設定だけじゃなくストーリーや展開なんかも上手いし面白い。笑いの要素の使い所が上手く飽きさせない工夫もしてあってスラスラとかつゆるーく話を追っていきたくなる。 ジャンプっぽくない…

続きを読む

スポンサードリンク