【漫画日記】居なくなった幼馴染がパジャマで宙に浮いてた・・・

なーんてタイトルつけたらピンとくる方もいらっしゃるんじゃないですかね?

そう!!あの2012年に少年ジャンプで連載されていた名ラブストーリー「パジャマな彼女」!!!



本誌連載時はそんなにくるものがなかったんですが、この歳になりいざ読み返してみると上手いなあと感じさせる良い短編完結作でした。


話としては、突然パジャマを着た幽霊になってしまった幼馴染の”まくら”が自分にしか見えなくなり戸惑う主人公”計祐”。校内でも有名な先輩”雪姫”との三角関係はいかに。といった、割と漫画ではありそうな話なんですけど

この漫画の何がキモかっていうと幽霊になったまくらが計祐にしか見えないところ。誰も居ないと思っているから先輩はガンガン仕掛けてくるし、見えているから素直になれない計祐の思考も面白い。そして、登場人物が可愛いところも推せる要素の一つですねえ。




最初の方に言ったんだけど、この「パジャマな彼女」という作品上手いなあと思わせるところが結構あって

まず、話の流れがたんたんとリズムよく流れて行くのが良い。これを言っては作者に失礼かもしれないけど3巻完結でも十分なほど。もちろん良い意味で。

1話で幼馴染が幽霊になり、2話で元に戻すと宣言し、1巻が終わる前にはもう修羅場に突入する。早いように感じるがすごく自然な流れでテンポが良い。ちゃんと数巻読んだ気分になる。


そして何より終わり方がこの年一番なんじゃないかってくらいのスッキリ演出。一番最後のコマがセリフも何もない雪っていうところがまた考えさせられる良い書き方だと思います。スッキリしつつも続きが気になるような素晴らしい漫画の終わり方。上手いなあ。




3巻完結ですぐ読めるし、今なら新装版も出て居て書き下ろしも読めますしオススメです!!

作者の濱田浩輔さんは別な雑誌で「はねバド!」も連載中なのでそちらも是非!!



それでは!!

この記事へのコメント

スポンサードリンク